メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわき・塚前古墳

東北最大の後期古墳 大和政権とのつながり示す 福島大調査 /福島

 福島大は10日、いわき市小名浜林城の古墳「塚前(つかまえ)古墳」が、古墳時代後期(6世紀中ごろ)に造られた全長100メートル級の前方後円墳と判明したと発表した。後期古墳としては東北地方最大で、調査した福島大の菊地芳朗教授(日本考古学)は「当時、東北にも大和政権とのつながりがある首長がいたことを示すものだ。6世紀の東北の繁栄や有力者の存在を再考する必要性が生じた」と意義付けた。【尾崎修二】

 調査は、菊地教授と福島大考古学研究室の学生9人が担当した。塚前古墳は高台になっていることから、存在…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測
  3. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです