メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

県産食材こだわりカフェ、15日オープン 伊賀牛や有機野菜でサンドイッチ 名張・キッズテラス三重 /三重

赤目の山並みが望めるウッドデッキ=三重県名張市結馬で、竹内之浩撮影

 東日本大震災の被災地の親子らを夏休みなどに受け入れている名張市結馬(けちば)の保養施設「キッズテラス三重」で15日、サンドイッチカフェがオープンする。市内や県内産の有機野菜や果物をふんだんに使ったメニューが売りで、スタッフは「地元産品のおいしさや名張の良さを広く伝え、地域の活性化に貢献したい」と張り切っている。【竹内之浩】

 キッズテラス三重は一般社団法人「こども環境基金」が昨年1月、古民家を改装して開設。関東から移住して…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文902文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです