メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新県立病院

南西部に医療機能確保 姫路市と県が合意 /兵庫

 姫路市に県が新設を計画している新県立病院について、市が用地を無償貸与する上で提示していた「市南西部の医療機能の確保」など4条件について、10日までに、県が合意した。新県立病院の敷地に市が誘致を進めていた医療系高等教育・研究機関と県立病院の整備について、同日付で県と市、学校法人「独協学園」(埼玉県草加市)が締結した協定書の中に明記された。

 県は県立姫路循環器病センター(姫路市西庄)と製鉄記念広畑病院(同市広畑区夢前町)を統合し、JR姫路…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文495文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]