赤ちゃんポスト

開設10年 蓮田太二・慈恵病院理事長に聞く /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ゆりかごを開設した意義はあった」と語る蓮田理事長=徳野仁子撮影
「ゆりかごを開設した意義はあった」と語る蓮田理事長=徳野仁子撮影

子供の幸せ願い活動 国は支援方法まで踏み込んで

 親が育てられない子供を匿名で受け入れる「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」の開設から10日で10年を迎えた。運営する熊本市西区の慈恵病院の蓮田太二理事長は「赤ちゃんの幸せを願い活動を続けてきた」と振り返る。今後のゆりかごのあり方などへの考えを聞いた。【聞き手・城島勇人】

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文978文字)

あわせて読みたい

注目の特集