メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

那須・高校山岳部雪崩事故=野田樹(宇都宮支局)

雪崩事故の発生から1カ月の日。多くの人が献花台を訪れ、事故現場に向かって手を合わせた=栃木県那須町で4月27日、萩原桂菜撮影

 ◆野田樹(たつき)

安全確保へ地元と連携を

 栃木県那須町で3月27日、「春山安全登山講習会」に参加していた県立大田原高山岳部の生徒7人と教諭1人が雪崩に巻き込まれて死亡した。引率の教諭は、悪天候のため茶臼岳(標高1915メートル)への登頂を中止しながら、雪をかき分けて進むラッセル訓練を決行。山腹にある大岩「天狗の鼻」(同1515メートル)を目指して事故に遭った。当初は「山は危険」というイメージもあり「天災」と受け止めていたが、取材を進めるうち、防ぐことができた「人災」と考えるようになった。

 講習会は毎年、県高校体育連盟登山専門部が主催している。今年は7校の計62人が参加。ラッセル訓練には生徒46人と教諭9人が参加した。事故の翌日、救助された大田原高の男子生徒(17)と、その父親(49)が話してくれた。

この記事は有料記事です。

残り1741文字(全文2096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請へ 3月中旬まで2週間

  2. 北海道教委、全小中学校の休校要請へ

  3. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  4. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  5. 東京都教委が卒業式縮小 参列者減らし時間短縮 時差通学も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです