メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文在寅氏の韓国

/上 自ら野党にあいさつ 低姿勢で融和模索

 朴槿恵(パククネ)前大統領の罷免に伴う韓国大統領選で、当選確定と同時に大統領に就任した文在寅(ムンジェイン)氏は初日から、異例づくしのスタートを切った。就任宣誓式出席のため国会議事堂に直行するとみられた大統領の車列が10日午前、ソウルの永田町と言われる汝矣島(ヨイド)で寄り道したのだ。向かったのは約9年ぶりに野党に転落した自由韓国党本部。ビルの壁面には、9日の大統領選で文氏に次ぐ支持を得た洪準杓(ホンジュンピョ)氏の顔写真が入った大きな横断幕がかかっていた。

 「我々は文候補の安保観を批判してきたが、国民が安心できるようにしてほしい」

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1138文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです