メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇佐市

パワハラで臨時職員退職 懲戒処分も公表せず

 50代の大分県宇佐市職員によるパワーハラスメントで30代の臨時職員が退職を余儀なくされていたことが10日、分かった。物を投げつけたり、暴言を吐いたりしていたという。市はパワハラの事実を把握し、この職員を昨年12月に懲戒処分としたが、公表しなかった。【大漉実知朗】

情報公開で判明

 同市議の用松律夫氏(共産)が情報公開請求し、明らかになった。

 開示された「処分説明書」によると、職員は昨年9月2日、職場で勤務中に、臨時職員が自分の問いかけに答…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文672文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです