メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・大和6号墳

鉄鋌、国内で製作か 「副葬品に急造」

鉄材を接合した鉄鋌(宮内庁提供)

 宮内庁が奈良市の円墳「大和6号墳」(直径約30メートル、5世紀築造)から出土した鉄板「鉄鋌(てってい)」を調査したところ、国内で製作された可能性があるとの調査結果を発表した。朝鮮半島で作られたとの見方が有力だった。同庁は、被葬者の権威を示す副葬品として作られたとみている。

 大和6号墳は、天皇陵や皇族の墓の可能性がある「陵墓参考地」の一つであるウワナベ古墳の近くにあった古墳。

 鉄鋌は薄い長方形の鉄板で、両端が広がった形状をしている。国内では北部九州から近畿にかけて5世紀の古…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです