メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁長官

金融機関の投信販売批判「顧客不在の経営に」

 金融庁の森信親長官は10日、東京都内での講演で、投資信託を販売する金融機関について「手数料稼ぎが目的になっていて、顧客不在の経営をしているのではないか」と厳しく批判し、顧客利益優先に営業姿勢を改めるよう求めた。

 投資信託は、資産運用会社が顧客から預かったお金を債券や株式などで運用し、利益を分配する金融商品。主に銀行や証券会社が販売している。長官は、日米の投信を比較したとこ…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. センチュリーなど1000万円超高級車、12県が所有 山口は2000万円現行モデル

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです