メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書類送検“ブラック企業”334件 HPに初公表

厚生労働省のHPより

 厚生労働省は10日、労働基準関係法令に違反したとして最近半年間に書類送検し、社名を公表した全国334件の一覧表を初めて作成し、同省ホームページ(HP)に掲載した。

 昨年末に発表した「過労死等ゼロ」緊急対策の一環で、担当者は「一覧表にすることで社会に警鐘を鳴らす狙いがある」と説明する。従来は47都道府県にある労働局のHPに載せてきたが、報道発表で社名を明らかにしたのにHPでは伏せた事例もあったほか、掲載期間もまちまちで統一基準がなかった。同省は送検を公表した日から約1年間掲載し、毎月更新すると決めた。

 10日に掲載されたのは昨年10月から今年3月までの計334件で、(1)企業・事業所名(2)所在地(3)公表日(4)違反した法律(5)事案概要などを県別に並べた。

 内訳は、企業が安全対策を怠った労働安全衛生法違反209件▽賃金未払いなど最低賃金法違反62件▽違法な長時間労働をさせるなどした労働基準法違反60件▽労働者派遣法違反19件。労基法違反では、女性社員が過労自殺した広告最大手・電通の社名も掲載された。【早川健人】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. かあさんマンガ 卒業
  2. タカタ破綻 高田会長兼社長、辞任の意向表明 負債1兆円
  3. タカタ 民事再生法を申請 製造業で戦後最大の倒産
  4. ワンピース 連載20周年記念SPアニメが放送 第1話から新規作画で描く
  5. 都議選 投票先決定者 都民フ27%、自民26%

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]