メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

脱「エディー流」で強化 日本目標8強以上

抽選会場の京都迎賓館に入る日本のジョセフ・ヘッドコーチ=小松雄介撮影

 日本が2019年W杯で掲げる目標は「8強以上」。今年4月、日本ラグビー協会は10年に策定した戦略計画を見直し、「以上」の2文字を追加した。15年イングランド大会で3勝を挙げた実績を勘案した積極姿勢の表れだ。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は「相手が誰でも、我々は大きな山に向かう」と言う。

 地元開催の大会に向けた道のりは、エディー・ジョーンズ前HCの前回大会限りでの退任という、つまずきから始まった。19年に向けて南半球の強豪クラブが争うリーグ「スーパーラグビー(SR)」に日本から参戦する強化構想の責任者が不在となったのだ。後任のジョセフHCが着任する16年9月まで、1年近い「空白期間」が生まれた。

 ただ、計画通りに創設された日本チーム「サンウルブズ」が16年からSRに参入。海外遠征を繰り返し、ニ…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文996文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです