メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

続報真相 首相「20年施行」突然の表明 「改憲」前に進む「壊憲」

 安倍晋三首相がダッシュをかけてきた。悲願の憲法改正に向けて、である。憲法記念日の3日には「改正憲法の2020年施行」とのタイムリミットまで示す力の入れようだ。その前に、大切なことを確認したい。すでにこの国は憲法の趣旨を踏みにじる「壊憲」が起きているのだから。【吉井理記】

 驚かれた読者も多いのではないか。安倍首相の発言が飛び出したのは、保守団体「日本会議」が主導する改憲派集会でのことだ。事前録画のビデオメッセージで「私は、私たちの世代のうちに、自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置づけ(憲法学者らの)『自衛隊が違憲かもしれない』などの議論が生まれる余地をなくすべきだと考える」と9条改正を明言し、20年を「新憲法が施行される年にしたい」と述べたのだ。

 9条という改憲問題の核心を突く発言である。高支持率を背景に、ついに本音のストレート勝負に出たか、と…

この記事は有料記事です。

残り3132文字(全文3509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです