バギー

子供の車椅子 「ベビーカーと間違わないで」 母親らマークで周知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「スマイリーサン」が製作したバギーマーク・右が男の子用、左が女の子用=坂根真理撮影
「スマイリーサン」が製作したバギーマーク・右が男の子用、左が女の子用=坂根真理撮影

 バギーとベビーカーは違います--。障害や難病で首や腰が不安定な子供が乗る車椅子「バギー」は、ベビーカーと間違われやすい。電車やバスでたたむように言われ、困る保護者も多い。判別しやすくしようと、母親らが「バギーマーク」を手作りし、理解を求めている。【坂根真理】

 東京都北区の高橋育恵さんの長女、優里さん(11)は、1歳の時に麻疹・風疹の混合ワクチン(MRワクチン)の予防接種を受けた後、体調が急変し、「ウイルス性の急性脳症」と診断された。手足が硬直し、目の焦点はぶれる。外出時には、ヘッドレストやベルトで姿勢を固定できるバギーが欠かせない。だが、電車に乗ると「ベビーカーはたたんで抱っこしなさい」と言われてしまう。人工呼吸器や医療機器を載せられるバギーは頑丈な作りで、折り…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文841文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集