メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

宮本から桐生先輩へ いつか追いつく 洛南高3年、出雲で10秒53 その背感じた

 日本男子短距離界のホープで昨年の全国高校総体陸上男子100メートル王者、宮本大輔=京都・洛南高3年=が先月、高校の偉大な先輩と初めて直接対決した。リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダルの桐生祥秀(東洋大)と2大会で同じレースを走った。いずれも敗れたものの「日本のトップレベルの人と対等に勝負できる存在になりたい」と4学年上の先輩に追いつく意欲を示した。【新井隆一】

 先月23日の出雲大会(島根県立浜山公園陸上競技場)の2本目(向かい風0・5メートル)が公式戦初対決…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  4. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです