メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ともに・2020バリアーゼロ社会へ

盲導犬への理解深めて 視覚障害者「相棒」連れ知事に要請 /山形

利用者のそばを離れない盲導犬ハルモちゃん(左)とダッフィーくん(右)=県庁知事室で

飲食店など同伴拒否、後たたず

 日本盲導犬協会の盲導犬2頭が11日、県庁を訪れた。視覚障害者にとっては白杖(はくじょう)の代わりとなる大事な相棒だが、飲食店などへの同伴を断られるケースが後を絶たない。東北6県では計20件(2015年度)を数えており、協会メンバーは「きちんとしつけられています。バリアフリー社会の実現のためにも、理解を深めてほしい」と呼びかけている。【的野暁】

 「ダッフィー」(雄、6歳)と「ハルモ」(雌、4歳)。同協会仙台訓練センターで1歳10カ月まで訓練を…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1230文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです