メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紫雲丸事故

62年 語り継ぎ風化させぬ 生存者が講演会 命と事故を学ぶ 松江・川津小 /香川

校内の記念碑前で手を合わせる事故の生存者や児童たち=松江市西川津町の市立川津小で、長宗拓弥撮影

 紫雲丸事故で修学旅行中の児童ら25人が亡くなった松江市の川津小学校では11日、校内の記念碑への献花や生存者による講演会があった。生存者や児童は事故を語り継いでいくことを誓い合った。

 児童21人、教員2人、保護者2人が死亡した川津小では「紫雲丸プロジェクト」として月命日のイベントなど事故を学ぶ機会を設けている。

 この日、花束を手にするなどして登校した児童は記念碑へ献花。生存者6人も訪れて一緒に手を合わせた。6年生の柳浦しおんさん(11)は「とても悲しい思いをしたと思う。後輩たちに活動を受け継いでもらえるよう伝えていきたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  5. 国家試験、高校生18人受験できず 1種電気工事士、教員申し込み忘れ 福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです