メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パッシブハウス

環境、財布に優しい家 省エネでも夏涼しく、冬暖かく 中国地方で初、倉敷に

国産建材でコスト減 子育てにも最適

 東京電力福島第1原発事故をきっかけに消費エネルギーの抑制に関心が高まる中、卸売業「倉敷木材」(倉敷市中島)が設計・施工した「倉敷の家」(同市黒崎)が注目を浴びている。ドイツ発祥の省エネルギー住宅「パッシブハウス」の性能基準をクリアしたもので、中国地方では初めてパッシブハウスと認定される見込みだ。冷暖房に過度に頼らなくても一定の温度を保つことができるといい、環境だけでなく財布にも優しい家と言えそうだ。【益川量平】

 「パッシブハウス」は、ドイツの「パッシブハウス研究所」が定める環境住宅の基準をクリアした家のこと。…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです