メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図書館

本が泣いている 相次ぐ損傷、展示で啓発 石川

企画展では、切り取られたり、破られたりした本を展示している=石川県白山市古城町の市立松任図書館で

 「本を大切に読んでほしい」と、石川県白山市立松任図書館(同市古城町)が、切られるなどして傷ついた本を展示する企画展を開いている。各地の図書館で学校史の損傷が相次いで発覚し、松任図書館でも4冊の被害が判明した。同館は「図書館は自由に読書ができる場所。本を傷つけないよう、利用者の良心に訴えるしかない」と地道な啓発に力を入れる。31日まで。

 刃物で切り取られた、手で破られた、飲み物でぬれた跡にカビが生えた……。展示では、さまざまな形で傷つけられた本が並ぶ。学校史は展示していないが、グルメやペット、漫画など趣味の分野の本が中心だ。「傷や汚れは読みたい気持ちを萎えさせる」「十数ページも切られ、全く利用できなくなることも」など、本が好きな職員たちの言葉も添えられる。

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです