メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図書館

本が泣いている 相次ぐ損傷、展示で啓発 石川

企画展では、切り取られたり、破られたりした本を展示している=石川県白山市古城町の市立松任図書館で

 「本を大切に読んでほしい」と、石川県白山市立松任図書館(同市古城町)が、切られるなどして傷ついた本を展示する企画展を開いている。各地の図書館で学校史の損傷が相次いで発覚し、松任図書館でも4冊の被害が判明した。同館は「図書館は自由に読書ができる場所。本を傷つけないよう、利用者の良心に訴えるしかない」と地道な啓発に力を入れる。31日まで。

 刃物で切り取られた、手で破られた、飲み物でぬれた跡にカビが生えた……。展示では、さまざまな形で傷つけられた本が並ぶ。学校史は展示していないが、グルメやペット、漫画など趣味の分野の本が中心だ。「傷や汚れは読みたい気持ちを萎えさせる」「十数ページも切られ、全く利用できなくなることも」など、本が好きな職員たちの言葉も添えられる。

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです