メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「28度は根拠ある」クールビズの冷房設定

山本公一環境相=曽根田和久撮影

火消しに躍起

 夏場の軽装で節電を促す「クールビズ」の目安となる室温28度を巡り、11日の政府の副大臣会議で「科学的知見ではない」と見直しを求める異論が相次いだ問題を受け、山本公一環境相は12日の閣議後の記者会見で「28度には根拠がある」と反論、問題の火消しに走った。

 この問題を巡っては、副大臣会議で、クールビズを2005年に始めた当時の環境省担当課長だった盛山正仁副法相が、28度の室温目安について「科学的知見で決めたのではない。何となく始め、独り歩きしてしまった」と発言。萩生田光一官房副長官も「人によっては汗をかいて洗濯物が増える」と見直しを要請した。出席した関芳弘副環境相も「28度はかなり暑いと感じる人もいる」と話し、科学的知見に基づいて見直しに応じる姿勢を示したとされる。

 これに対し、山本環境相は「副大臣は(クールビズの)普及のあり方をもう一回検討すると言っただけ」と釈明。「当時のオフィスの室温はだいたい26度。ネクタイを外せば2度下がるため、28度にしたと聞いている。労働安全衛生法やビル管理法にも(超えてはいけない温度として)書かれている」と説明した。

 記者から「28度は暑いか」と質問されると、ノーネクタイの山本環境相は「慣れ親しんでいる」と快適そうな様子。「クールビズは国民運動として進めていくわけだから、ああいう会合に出る方々はぜひ、意識してほしい」と苦言を呈した。【五十嵐和大】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
  2. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
  3. 傷害容疑 「歩きスマホが悪い」と体当たり、女性が重傷
  4. 阪神電鉄 駅ホームから転落、特急にはねられて男性死亡
  5. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]