メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

治療的司法

再犯防止、導入提案…成城大に研究センター

治療的司法の有効性を説明するセンター長の指宿信・成城大教授=東京都世田谷区の成城大で2017年4月26日、島田信幸撮影

 薬物犯罪など再犯率が高い罪に問われた被告について、刑務所ではなく裁判手続きの中での立ち直り(更生)を目指す「治療的司法」の研究センターが今春、成城大学(東京都世田谷区)で発足した。欧米では裁判官やケースワーカーが共同して治療プログラムを作る専門法廷の運用が進んでいるが、日本では認められていない。センター長の指宿信・同大教授は「治療的司法は再犯防止の切り札になる」と日本での導入を提案している。【島田信幸】

 治療的司法は、薬物依存や窃盗症(クレプトマニア)などの被告について、裁判所が刑を猶予して治療で原因…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1104文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 論点 日大アメフット部問題
  2. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  4. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
  5. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]