メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明党

首相の改憲案に困惑 「加憲」否定しにくく

公明党の「自衛隊と憲法」を巡るスタンスの変化

 安倍晋三首相が提起した憲法9条の1項と2項を維持して自衛隊の存在を明記する改憲案に、公明党が神経をとがらせている。平和問題を重視する支持層に9条改憲への強い警戒感がある一方、同党の発案でもある「加憲」の形をとった首相の提案は否定しにくいからだ。東京都議選(7月2日投開票)を控え、できれば議論を避けたいのが本音だ。【高橋克哉】

 「(首相の提案は)相当踏み込んだ、唐突感のある内容だった」。同党の漆原良夫中央幹事会会長は11日の…

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1074文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです