メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

「一帯一路」権威付け狙う 14日から国際首脳会議

 【北京・河津啓介、赤間清広】中国主導の経済圏「一帯一路」構想をテーマとした国際首脳会議が14、15日に北京で初開催され、29カ国の首脳が出席する。11日には習近平国家主席が最初に北京に到着したベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席と会談、首脳外交をスタートさせた。

 中国外務省によると14日に開幕式や分科会、15日に首脳会議があり、成果文書が発表される。出席するのはロシアのプーチン大統領、フィリピンのドゥテルテ大統領、ミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問兼外相ら。英仏独など約90カ国から閣僚を含む政府高官が出席し、北朝鮮も代表団を派遣。日本からは自民党の二階俊博幹事長や経団連の榊原定征会長らが参加する。

 中国政府は最重要の外交イベントと位置付け、国内的にも今秋の中国共産党大会に向け習氏の権威を高める重…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1233文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです