メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アストラゼネカ

元男性MR3人「降格・減給は不当」

山梨理さん(前列左から2人目)らアストラゼネカの社員3人が不当な降格・減給・配転を受けたとして会社に撤回を求めて労働審判を申し立てた後、記者会見した=厚生労働省で2017年5月11日午後2時18分、早川健人撮影

地位確認と減給分の差額支払い求めて労働審判を申し立て

 製薬会社アストラゼネカ(大阪市)の営業職のMR(医療情報担当者)だった男性社員3人が11日、降格・減給されたうえ、資材管理担当に配置転換されたのは不当だとして、地位確認と減給分の差額支払いを求めて東京地裁に労働審判を申し立てた。

 申立書などによると、山梨理さん(54)ら3人はMRとして22~31年のキャリアがあったが、1月に降格と減給を言い渡され、配転させられたとして…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです