メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいスタイル@ストリート

(54)刺しゅうでボタニカル

どこか懐かしい雰囲気の刺しゅうブラウス=日本ファッション協会提供

 今季、外せないキーワードが「ボタニカル」。海外コレクションでは、南国やリゾート風のルックが注目された。この季節にはよく見かけるモチーフだが、ストリートをよく観察してみると、今年はこれまでと少し違う。以前はプリントアイテムがほとんどだったが、今季は刺しゅうなど手作り感のあるアイテムが多く出ている。10代から20代の若者を中心に、リゾートよりもエスニックスタイルのモチーフとして取り入れられているのが印象的だ。

 エスニックスタイルで連想されるのは、1970年代のヒッピー文化。70年代スタイルは引き続きトレンド…

この記事は有料記事です。

残り2102文字(全文2357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです