メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

虐待で保護された動物のリハビリ、受刑者が担当 米アリゾナで

 5月11日、米アリゾナ州フェニックスにある元刑務所の建物の一角で、虐待から保護された動物たちのリハビリ・プログラムが受刑者らによって行われている(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

 [フェニックス 11日 ロイター] - 米アリゾナ州フェニックスにある元刑務所の建物の一角で、虐待から保護された動物たちのリハビリ・プログラムが受刑者らによって行われている。

     マリコパ郡保安官事務所の動物保安部と協力して、虐待された動物たちにケアを施すプログラムで、受刑者らは週6日、この動物シェルターに移送されてくる。惨めな状況から保護された犬たちに優しく接したり、訓練したりする。

     刑務官は「動物たちにリハビリを施すだけでなく、受刑者たちにとってもリハビリになる」と語った。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 渋谷・警官殺害 大坂容疑者か 名前名乗らず黙秘
    2. 男性教諭 知的障害のある教え子にみだらな行為 懲戒免
    3. 渋谷・警官殺害 指名手配の「中核派」大坂容疑者逮捕か
    4. 仙台・中2自殺 <仙台・中2自殺>体罰、保護者通報で発覚 「教諭加担」に憤り /宮城
    5. 児童ポルノ 「卑劣な行為」横浜の元校長に有罪判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]