メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
辞林

金子鴎亭記念書道パフォーマンス 音楽に乗り高校生、揮毫 過去最多13校 きょう出身地・松前で /北海道

音楽に合わせて文字を書く高校生たち=松前町で2016年5月14日、遠藤修平撮影

 高校の書道部員が音楽に合わせて揮毫(きごう)する「第7回金子鴎亭記念書道パフォーマンス」が13日午前9時45分から、松前町民体育館(松前町神明30)で開かれる。同町は日本を代表する書家、金子鴎亭の出身地で、イベントは書の楽しさを知ってもらおうと2011年に始まった。

 参加校は札幌と道南の12校のほか、青森…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです