メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日光山輪王寺

朽ちた千手堂再建 勝道上人ゆかり50年ぶり 中禅寺湖畔 /栃木

再建した千手堂で営まれた落慶法要=日光市の中禅寺湖畔・千手ケ浜で

 日光市の日光山輪王寺は12日、中禅寺湖西岸の千手ケ浜に日光開山の祖・勝道上人(しょうどうしょうにん)ゆかりの千手堂を約50年ぶりに再建し、完成を祝う落慶法要を営んだ。

 輪王寺によると、勝道上人は784(延暦3)年、中禅寺湖を船で巡拝中に西の湖畔で数日間読経を重ねて千手観音を感じ取り、「千手院」というお堂を創建した。年月を重ね、その地が千手ケ浜と呼ばれるようになった。お堂は建て替えられ千手堂と改名したが、1960年代に朽ち果てた。

 輪王寺は日光開山1250年の節目となった昨年、記念事業として千手堂再建を進めて秋の完成を目指してい…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文575文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです