「ごせん桜」の化粧品

本格販売へ 抗酸化や抗ストレス効果を確認 /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 五泉市と同市観光協会は、市内に咲く八重桜「ごせん桜」を活用した化粧品の本格販売に乗り出す。八重桜の抽出物に抗酸化作用などの効用が確認できたためで、今年度中にエキスの抽出などを行う「アロマ工房」を整備した上で2018年度から本格販売する方針だ。伊藤勝美市長は「ごせん桜のブランド化を目指し、県内外にPRしたい」と意気込んでいる。

 市内には村松公園など各所に八重桜が群生しているが、市は「花を愛(め)でるだけでなく、年間を通して桜を愛用できないか」と13年、アロマ研究に精通する星薬科大学(東京都)の塩田清二特任教授に花の分析を依頼。その結果、抽出成分に抗酸化作用や抗ストレスなどの効果があることが分かった。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文594文字)

あわせて読みたい

注目の特集