メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個展

障害持つ信行さん、岡垣で 慈愛あふれる顔、顔、顔 地蔵や観音、特化し描く /福岡

信行さんと屏風(びょうぶ)絵に仕上げた作品

 脳性まひの障害を持ちながら、独特の感性でお地蔵さんなどの絵を描き続けている信行(のぶゆき)真哉さん(59)の個展が、岡垣町のサンリーアイで開かれている。14日まで。無料。

 信行さんは、遠賀町鬼津の曹洞宗・常楽寺の次男として生まれた。二十歳のころから、身の回りにあったお地蔵さんや観音さまに特化した絵を描き始めた。法事などの席で出す箸袋の一つ一つに描いた絵はやがて檀家(だんか)らの目に留まり、評判を呼んだ。

 一筆でさっと仕上げた墨の流れは、てらいや迷いがなく、穏やかで慈愛にあふれたお地蔵さんたちだ。一方で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです