メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

明治初めに日本各地を旅した英女性旅行家イザベラ・バードは…

[PR]

 明治初めに日本各地を旅した英女性旅行家イザベラ・バードはある夏、乗っていた人力車が突然止まり、放り出されそうになる。見ると車夫が警官に土下座し、棒にかけた着物をあわてて着ようとしていた▲当時の政府は、外国人の目に野蛮と映った裸の取り締まりを厳しく進めていた。だが、高温多湿の日本の夏に仕事をする男女が下帯や腰巻きだけの姿になるのは普通だった。車夫は緊張で震えながら警官に釈明をしているようだった▲この場はバードがとりなして逮捕は免れる。警官が消えると、若い車夫はさっと着物を脱ぎ、笑いながら駆け出した(中野明(なかのあきら)著「裸はいつから恥ずかしくなったか」新潮選書)。お上がどうであれ、裸はこの時代のクールビズだった▲今日ではクールビズで政府内の意見が食い違うこともある。職場の室温の目安を28度とする政府だが、先の副大臣会議ではクールビズ導入時の担当者が目安に科学的根拠はないと明かし、28度は暑いと見直しを求める意見が相次いだ▲これに対し「28度には根拠がある」と、法令などを示しながら記者会見で反論したのは山本公一(やまもとこういち)環境相である。「クールビズは国民運動」だと政府部内の異論にくぎをさし、突然に噴き出た見直し論の火消しに汗をかく一幕となった▲暑かったら裸になれたり、お上の威令に土下座したりした時代ではないから、室温の目安はあくまで目安である。それより地球温暖化防止や省エネへむけたアイデアと無縁の政府内クールビズ論争が情けない。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

    2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

    3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

    4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

    5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです