メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野市で珍しい「逆さ虹」

長野市の空にかかる逆さ虹=長野市の中御所交差点近くで2017年5月12日午前11時9分、川辺和将撮影

 長野市で12日午前11時ごろ、弧の向きが通常と上下逆になった「逆さ虹」がみられ、行き交う人々が不思議そうに空を見上げた。

     長野地方気象台によると、逆さ虹の正体は、大気中の氷の結晶に太陽の光が屈折して現れる「環水平アーク」。水の粒が原因の虹とは別の、珍しい気象現象という。東から接近する低気圧によって、上空5~13キロで氷の結晶がつくる上層雲が発達したことが原因とみられる。【川辺和将】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS マツコ、夢かなって力士姿に大変身 有吉「本物だよ!」と絶賛
    2. 後藤久美子 娘・エレナがデビュー 雑誌で美しすぎる母娘2ショットを披露
    3. 岐阜市 給食指導で児童5人が嘔吐 教諭を厳重注意
    4. 長沢副復興相 議員辞職へ 「議員宿舎に知人女性泊めた」
    5. 架空請求 1万件超 「未払いあり、提訴」のはがき急増

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]