メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環水平アーク

長野市で珍しい「逆さ虹」

長野市の空にかかる逆さ虹=長野市の中御所交差点近くで2017年5月12日午前11時9分、川辺和将撮影

 長野市で12日午前11時ごろ、弧の向きが通常と上下逆になった「逆さ虹」がみられ、行き交う人々が不思議そうに空を見上げた。

     長野地方気象台によると、逆さ虹の正体は、大気中の氷の結晶に太陽の光が屈折して現れる「環水平アーク」。水の粒が原因の虹とは別の、珍しい気象現象という。東から接近する低気圧によって、上空5~13キロで氷の結晶がつくる上層雲が発達したことが原因とみられる。【川辺和将】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS YOSHIKI、引退小室と話し安堵「またいつか一緒に音楽を創作しましょう」
    2. レジオネラ菌 3人感染、1人が死亡 加湿器から広がる 国東の施設 /大分
    3. 新燃岳 2日連続、火山性地震頻発
    4. 殺人未遂 女子高校生ナイフで刺す、中学生逮捕 鹿児島
    5. 米政府機関 予算失効で4年ぶり閉鎖

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]