メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川ゴンドラ転落

クレーンのアーム縮み…男性2人死亡

「あいの風酒見風力発電所」敷地内で

 12日午後5時20分ごろ、石川県志賀町酒見の山中にある「あいの風酒見風力発電所」敷地内で「作業中のゴンドラが崖下に転落した」と作業員から119番通報があった。県警羽咋署などによると、ゴンドラに乗っていた富山県小矢部市の自営業、松井栄さん(43)と50代の男性が死亡した。

     調べでは、2人はクレーンからワイヤでつり下げられたゴンドラに乗って、設備のメンテナンスに伴う木の伐採作業をしていた。クレーンのアーム部分が突然縮み、ワイヤがたるんでゴンドラが崖下に転落したらしい。同署は業務上過失致死の疑いもあるとみて原因を調べている。【道岡美波】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大砂嵐事故 本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張
    2. 車同士衝突 弾みでぶつかった自転車の高校生が死亡 埼玉
    3. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
    4. 卓球 伊藤、みうみま対決制す 第1ゲーム6連続得点
    5. 障害者解雇 「しあわせの庭」破産2カ月 続く波紋

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]