メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FAO

事務局長が警告 アフリカ食糧難70年間で最悪

 国連食糧農業機関(FAO、本部ローマ)のジョゼ・グラジアノ・ダシルバ事務局長が来日し12日、毎日新聞の取材に応じた。アフリカのソマリア、南スーダン、ナイジェリアと中東のイエメンの4カ国で計3000万人が、過去70年間で最悪レベルの食糧難に陥っており、対策を取らなければ数百万人が飢餓で死亡する可能性があると警告した。

 4カ国では、紛争やテロに加えて2013年ごろから干ばつが深刻化し、農民が次々と土地を手放している。…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです