メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西葛西

リトルインドを作ったそば好きインド人の奮闘

新茶のアッサムティーを手にほほ笑むジャグモハン・S・チャンドラニさん=東京都江戸川区西葛西で2017年4月17日18時30分、丹治重人撮影

3000人が在住

 東京のリトルインドと呼ばれる江戸川区西葛西。東京メトロ東西線の西葛西駅を出ると、鮮やかなサリーを着た女性や豊かな口ひげを伸ばした男性が闊歩(かっぽ)し、街のあちこちにカレーの香りが漂う。どうしてこの街にインド人が集まっているのか。謎を追いかけてみると、一人のインド人の奮闘があった。

 東京都の調べ(2017年1月1日時点)によると、東京23区で最もインド人が多いのが江戸川区。およそ3000人が暮らしている。街にはインド人向けの学校や食堂、雑貨店が充実している。

 「今では信じてもらえないけど、20年間、西葛西のインド人は4家族だけだったんだよ」。そう語るのは、…

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1644文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです