メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

へびサミット

「大蛇みこし」が特別出演 群馬・老神温泉

温泉街を練り歩く特別参加の大蛇みこし=群馬県沼田市老神で2017年5月12日午後4時38分、米川康撮影

 ヘビにまつわる祭りの開催地が集まる「第1回全国へびサミット」が12日、群馬県沼田市の老神(おいがみ)温泉で開かれた。地元の祭りで巳年(みどし)にしか登場しない108メートルの「大蛇みこし」が“特別出演”した。

 サミットは、地域伝承のヘビによるまちおこし策を話し合うのが目的。さいたま竜神まつり会(さいたま市)や岩国白蛇保存会(山口県岩国市)など7団体が参加し、それぞれの祭りの魅力をPRした。

 開会のあいさつで、老神温泉観光協会の金子充会長は「今回集まった団体が協力し、地域活性化の起爆剤となるよう尽力していくことを誓います」と宣言。ヘビのように長くて強い絆を目指す。【米川康】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  2. 大リーグ 大谷が肘靱帯損傷と米報道 注射治療、症状軽度
  3. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  4. 特殊詐欺 だまされたふり作戦にお墨付き 最高裁初判断
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]