リーブ21

100万円支払い命令「社長公募で虚偽説明」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 育毛サービス大手「毛髪クリニック リーブ21」(大阪市中央区)が公募で次期社長の候補に選んだ男性(47)が、「実際は社長に引退の意思はなく、公募は虚偽だった」などとして4000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。福田修久裁判長は「1年以内に社長を譲るという説明は事実と異なる」として訴えを一部認め、同社側に100万円の支払いを命じた。

 判決などによると、同社は2011年、創業者の岡村勝正社長(72)の後継社長をインターネットで公募すると発表。約500人の中から男性を含む4人を選び、この中から1年~1年半後に社長を決めると説明していた。男性は翌年2月に入社したが、社長になれないまま約1年後に退職。他の3人も2~3カ月後に退職した。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文560文字)

あわせて読みたい

注目の特集