メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リーブ21

100万円支払い命令「社長公募で虚偽説明」

 育毛サービス大手「毛髪クリニック リーブ21」(大阪市中央区)が公募で次期社長の候補に選んだ男性(47)が、「実際は社長に引退の意思はなく、公募は虚偽だった」などとして4000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。福田修久裁判長は「1年以内に社長を譲るという説明は事実と異なる」として訴えを一部認め、同社側に100万円の支払いを命じた。

 判決などによると、同社は2011年、創業者の岡村勝正社長(72)の後継社長をインターネットで公募す…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです