メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋城

石垣移動計画を再考へ 文化庁、保全が前提

名古屋城天守閣の石垣=名古屋市中区で2016年11月18日、木葉健二撮影

 名古屋城天守閣の木造復元事業に絡み石垣の保全・修復を検討する名古屋市の有識者会議が12日開かれた。市側が木造復元に合わせて石垣の一部を移動させるなどの計画を示したのに対し、複数の専門家が史跡保護の観点から計画を批判。文化庁の担当者も「(現状の計画では)許可は出ない」と指摘した。市が計画の見直しを迫られ、木造復元の完成時期(2022年12月)に影響を及ぼす可能性もある。

 国の特別史跡である名古屋城での工事や、石垣の調査・移動には文化庁の許可が必要。1612年の築城時か…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです