メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
共謀罪

刑事事件の弁護士、乱用に警告 大阪でシンポ

共謀罪をテーマにした講演会で参加者の質問に答える小口幸人弁護士(右)。手前は亀石倫子弁護士=大阪市中央区で2017年5月12日、平川義之撮影

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の国会審議が再開された12日、同法案について考える講演会「共謀罪のリアル」が大阪市中央区であった。刑事事件で活躍する弁護士2人が約180人の聴衆を前に、「法律が成立すれば政府への反対運動に関わる市民が取り締まられる危険性がある」などと警鐘を鳴らした。

 沖縄県での米軍基地への抗議活動を支援する小口幸人弁護士(沖縄弁護士会)は「法相は反基地運動が捜査対…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文452文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです