連載

私だけのタイムカプセル

毎日新聞デジタルの「私だけのタイムカプセル」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

私だけのタイムカプセル

かな書家・大川寿美子さん 原点は先達との出会い /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大川寿美子さん
大川寿美子さん

言葉の力と書の力を一緒に

 平仮名の曲線を小筆で繊細優美に書く「かな書」。札幌市の大川寿美子さん(70)は、道内を代表する書家の一人だ。毎日書道展など主要な書道展で数々受賞し、長年、母校の藤女子大の教授として後進の育成に尽力。原点は、かな書の第一人者として知られた松本春子さんら、道内の先達たちとの出会いだった。【構成・今井美津子】

 <習字を始めたのは小学生のころ。めきめき上達し、進学した藤女子中学で書道部に入部。そこで教えていたのが松本春子先生の三女で、書家の暎子(えいこ)さんだった>

この記事は有料記事です。

残り1730文字(全文1974文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集