メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花よりビール・造り手を訪ねて

川崎・高津区「ブリマー・ブルーイング」 国際結婚、二人三脚で築く味 /神奈川

小黒さん(左)とブリマーさん。他に従業員が2人の小さいビール会社だ=川崎市高津区で

個性豊かな4種類に愛を注ぐ

 JR南武線久地駅から徒歩約8分、住宅と工場が混在する地域にクラフトビールメーカー「ブリマー・ブルーイング」(川崎市高津区)はある。代表取締役の小黒佳子さん(43)とブリューマスター(醸造責任者)のスコット・ブリマーさん(41)夫妻が2011年春に設立した。ロゴに描かれているのは日本を象徴するような見事な枝ぶりの松だが、実は米カリフォルニア州出身のブリマーさんがサーフィンをしていた海岸にあった松をデザインしたという。

 小黒さんは短大卒業後、カリフォルニア州立大学に留学した。そこで同じ大学に通っていたブリマーさんと出…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです