メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それゆけ!体験隊

大垣市クリーンセンター 作業はスピード勝負 回収の動きに無駄なく /岐阜

ごみ袋を収集車に投げ入れる記者

 家庭から毎日のように出る「ごみ」。記者が活動の拠点とする大垣市では市クリーンセンターの職員が毎回、決まった日に回収に来てくれる。当たり前のこととして普段あまり考えたことがなかった彼らの仕事に密着した。【渡辺隆文】

 市クリーンセンターの小岩宏幸・清掃グループ主幹に取材の趣旨を伝えると「本当に大変ですよ。腰痛にならないように気をつけてください」と不安そうだった。こっちも急に不安になってきた。

 週2回ある可燃ごみ収集日の一日に同行した。ごみ収集車には3人が乗り込み、午前8時半から作業を始める…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1210文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  4. 陸上イージス 配備説明 秋田知事「不本意」 防衛相訪問
  5. 雑記帳 近鉄名古屋駅と伊勢中川駅(三重県松阪市)を結ぶ近鉄名古屋線が…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]