メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本LGBT協会

多様な性、違い認めて 当事者らが交流会 /徳島

子どもたちと笑顔で話す日本LGBT協会の清水展人代表理事(中央)=徳島市庄町1の多目的スペース「エミール」で、大坂和也撮影

 周囲に相談できず苦しんでいる性的少数者(LGBTなど)の孤立を防ぐため、若い世代を対象とした交流イベントが13日、徳島市庄町1の多目的スペース「エミール」であった。LGBT当事者などさまざまな年代と立場の13人が参加。ワークショップで「男女」に限られない多様な性の在り方を学んだ。

 日本LGBT協会(徳島市)が主催。清水展人代表理事(32)は女性の体で生まれたが違和感に苦しみ、戸籍などを変更して現在は男性とし…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです