メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本LGBT協会

多様な性、違い認めて 当事者らが交流会 /徳島

子どもたちと笑顔で話す日本LGBT協会の清水展人代表理事(中央)=徳島市庄町1の多目的スペース「エミール」で、大坂和也撮影

 周囲に相談できず苦しんでいる性的少数者(LGBTなど)の孤立を防ぐため、若い世代を対象とした交流イベントが13日、徳島市庄町1の多目的スペース「エミール」であった。LGBT当事者などさまざまな年代と立場の13人が参加。ワークショップで「男女」に限られない多様な性の在り方を学んだ。

 日本LGBT協会(徳島市)が主催。清水展人代表理事(32)は女性の体で生まれたが違和感に苦しみ、戸籍などを変更して現在は男性とし…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです