メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本LGBT協会

多様な性、違い認めて 当事者らが交流会 /徳島

子どもたちと笑顔で話す日本LGBT協会の清水展人代表理事(中央)=徳島市庄町1の多目的スペース「エミール」で、大坂和也撮影

 周囲に相談できず苦しんでいる性的少数者(LGBTなど)の孤立を防ぐため、若い世代を対象とした交流イベントが13日、徳島市庄町1の多目的スペース「エミール」であった。LGBT当事者などさまざまな年代と立場の13人が参加。ワークショップで「男女」に限られない多様な性の在り方を学んだ。

 日本LGBT協会(徳島市)が主催。清水展人代表理事(32)は女性の体で生まれたが違和感に苦しみ、戸籍などを変更して現在は男性とし…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです