メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知っちゅう?

四万十市 ペットフード販売「WANLIFE」 県産で最高の味追求 原点はカツオの刺し身 /高知

WANLIFE代表の梅原俊順さん=高知県四万十市具同で、松原由佳撮影

 四万十市に県産食材だけを使ったペットフードを販売するペットホテル・サロン「WANLIFE」(同市具同)がある。宿毛市のキビナゴや四万十市の原木シイタケなど、素材にこだわったペットフードは、県内のみならず全国各地から人気を集めている。なぜ県産の食材だけを使ったペットフードを作ろうと思ったのか。込められた思いを知るべく「WANLIFE」を訪ねた。【松原由佳】

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです