メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

「イクメン」の言葉なくしたい(その1) 日本の父親像変える

子供たちに絵本の読み聞かせをするファザーリング・ジャパンの安藤哲也さん=東京都渋谷区で、内藤絵美撮影

 クリスマス前の昨年12月23日、東京・表参道の東京ウィメンズプラザで、連続講座「パパの育児応援塾」の受講者による交流会が開かれた。パパ仲間の作り方などを語り合う「イクメン」たち。その間、約20人の子供は部屋の端で始まった“絵本ライブ”に引き寄せられていた。

 ♪ぼ、う、し

  とったら

  とったら

 帽子をかぶる女の子の顔が描かれた絵本の横で、セミロングヘアの男性がベースギターをはじき歌う。帽子部分の絵は二重になっていて、シンバルの音を合図に上の紙がめくられ、別の絵が現れた。「ピヨピヨ。鳥の巣…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです