メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

「イクメン」の言葉なくしたい(その2止) イクメンは当然だ

男性の育児について意見交換する「パパの育児応援塾」交流会の参加者たち=東京都渋谷区で

 

 ◆「反面教師」に学ぶカリスマ

笑う父親増やそう

 おやじが嫌いだった。

 2011年7月23日、父幸典(ゆきのり)さんが82歳で逝った時も「悲しむより安堵(あんど)の方が強かった。一度も泣かなかった」。NPO法人「ファザーリング・ジャパン」(FJ)代表理事の安藤哲也さん(54)は振り返る。

 父は東京都内の造幣局に勤める公務員だった。母光子さん(85)は専業主婦。5歳上の兄とともに、父の職場近くにある2DKの官舎で育った。きちょうめんな父は毎日決まった時間に出勤し、決まった時間に帰る。食事の味付けや部屋の片付けに文句を言ったり「誰が食わせてやっているんだ」と怒鳴りちらしたりすることもあった。

 「お袋と兄貴と僕は、おやじの機嫌を損ねないよう、びくびくしながら過ごしていた記憶しかない。中学のこ…

この記事は有料記事です。

残り4072文字(全文4420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです