北朝鮮ミサイル

Jアラート使用せず 「飛来ないと判断」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅官房長官
菅官房長官

 菅義偉官房長官は14日午前8時すぎ、同日の北朝鮮の弾道ミサイル発射後2度目となる記者会見を行い、ミサイルは約30分間、約800キロ飛行したとの分析を発表。「日本に飛来しないと判断し、全国瞬時警報システム(Jアラート)は使用していない」と述べた。また「国民の生命と財産を守る準備はしっかり取っている」…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文303文字)

あわせて読みたい

注目の特集