メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 母方の祖父・牧文次郎は、僕が生まれる前の1934年、他界していた。

 母に「どんな人だったの?」と聞くと「『後は野となれ山となれ!』と言い残す人だよ」とあまり話そうとしなかった。

 文次郎は東京・日本橋「洋書の丸屋善七店(通称・丸善)」の番頭だった人で、独立して「東京深川屋」の名前で「新撰皇國道中明鑑」(鉄道馬車事情を紹介した本)などを出版。後に家業の料亭「深川亭」を継ぎ、当時、日本一華やかな花柳界と言われた「柳橋料亭組合」の組合長を務めた。それなりの人物、と思うのだが……娘から見ると「目先のことさえ解決できれば、後はどうなってもかまわない」という“ちゃらんぽらんな男”だったのか?

 それにしても「後は野となれ山となれ!」とは“奇妙な遺言”である。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです