メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり
沖縄

本土復帰45年 溝深く 辺野古移設強行、反発 問われる政府姿勢

辺野古の埋め立て工事海域に向かってシュプレヒコールをあげる県民大会の参加者たち=沖縄県名護市で2017年5月14日午前11時17分、津村豊和撮影

 沖縄は15日、米国統治から本土復帰して45年を迎えた。米軍基地の多くが今も残るなか、普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐる政府と県との対立は激しさを増す。日米同盟重視を掲げる政府が移設を強行すれば、米軍基地への県民感情がさらに悪化し、かえって沖縄の米軍基地の安定的な維持が困難になるというジレンマに直面する。

 翁長雄志(おながたけし)知事はコメントを出し、「県民は復帰以降も米軍基地から派生する事件・事故、環…

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです