メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

副業や兼業で人材活用を

サイボウズに入社し、人事担当者(左)と打ち合わせする竹内義晴さん=東京都中央区の同社で4月25日

 <くらしナビ ライフスタイル>

 政府は3月に決定した働き方改革の実行計画で「副業・兼業の普及促進」を明記した。働き方改革は安倍晋三政権の重要課題の一つ。少子高齢化を背景にした人手不足の解消や、従業員の成長、収入増につながることが期待されている。柔軟な働き方を実現するための副業や兼業とは--。

 ●「複業採用」で入社

 NPO法人「しごとのみらい」で理事長を務める竹内義晴さん(46)は4月、ソフトウエア開発会社サイボウズ(東京都中央区)に入社した。以前から「チームワークあふれる社会を創る」というサイボウズの理念に共感。本業を持ちながらサイボウズの門をくぐった。人間関係やコミュニケーションに関しての講演や研修の経験が豊富で、サイボウズではチームワーク研修などの仕事を担う。最初の2カ月は週2日、自宅のある新潟県妙高…

この記事は有料記事です。

残り1481文字(全文1839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです