メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・MyWay

わたしの生き方 孤独を恐れずに 作家・僧侶 家田荘子さん

家田荘子さん=大阪市北区で、貝塚太一撮影

 とにかく厳しい母でした。「一人っ子だから甘やかして育てた」と思われたくなかったのでしょう。厳しい親に育てられたがために、いつもびくびくしていましたね。うそをついたり、口答えしたりすると、ものすごく怒られる。怒られるのが嫌で口数が少なくなる。自己表現が下手になってしまいました。

 高校1年の時、いるだけで人が寄ってくるような友達に出会ったんです。「私もそうなりたい」と思い、女優を目指しました。役だったら明るい女性を演じられる。私にもできると思ったんです。女優になるために日大芸術学部を目指しました。願書を出すギリギリのときに親に女優への夢を打ち明けました。教師になるよう勧めていた親への初めての反抗でしたね。

 自分で営業しようと思い、テレビ局や映画関係者が出入りするパブレストランで働きました。ドラマのプロデューサーに会えて、田中美佐子さんの友達役でドラマに出演できましたが、ほとんどカットされました。やっともらえた役だったのですが。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです